悪用目的のクレジットカード現金化は利用停止の恐れがある

クレジットカード現金化の悪用が近年増えてきた関係で、金券を購入するときの決済が難しくなってきました。
今回はどんな買い物をすると悪用と見なされるのか、現金化業者もカードの悪用を恐れている現状をご紹介します。

商品券の購入は悪用と見なされることがあります

カードを使って買い物すると利用履歴が残っていきます。
そのときに換金目的の商品がたくさんあるとカード会社で監視対象となり制限がかけられてしまうことがあります。
どんな商品を購入すると制限がかけられやすくなるかというと主に商品券です。
制限かけられてなければ普通に決済が行えたのに制限が入るとクレジットカードでは購入できなくなってしまいます。
換金目的の悪用を防ぐための対策なのでクレジットカード現金化にしたければ他の商品を探すことになります。
抜け道はたくさんありますから諦めずに換金できる商品を探していくと現金にしていけます。

利用停止されるとどうなるのか?

クレジットカードの利用停止されてしまうと、ショッピング枠に残高があっても凍結されてしまいます。
何ヶ月か支払いをしていると解除になることもあるので、まるっきり使えなくなることは少ないですが注意が必要です。
もし現金化した後に凍結されてしまったらカード会社に問い合わせると初回なら解除してくれる場合もあります。
利用停止は規約違反や支払いの遅延で起こるので最悪一括払いが求められます。
限度額いっぱいまで使ってしまうと一括返済になったとき破産に追い込まれることも出てきます。
分割には一切応じてくれなくなってしまうので利用停止にならないようにして下さい。

普通に買い物をしていれば利用停止は防げます

金券など目立った買い物をしなければカード会社はそれほど監視しません。
例え換金目的の商品購入とわかっていてもスルーしてくれるので利用停止にはつながらないです。
現金化業者を利用しても買い物後のことなのでカード会社はそこまでわかりません。
ゲームソフトを大量に買っても実際にゲームをするのが目的で購入する人もいますからカード会社には換金目的かわからないので大丈夫です。
デジタル製品の監視を強めているので何万円もするゲーム機を購入するときだけ注意して下さい。
あとは高価買取してもらえそうな商品を購入しても普段の買い物と見なされるので利用停止になるようなことはほとんどないです。

現金化業者も悪用を恐れています

現金化するときに個人情報を教えなければならないので悪用されるのではないかと不安を感じますが、現金化業者でも利用者による悪用を警戒しています。
カードの不正をしていないか常にチェックしているので、身分の照会が厳しくなってきています。
昔であればクレジットカードのセキュリティコードまでは確認しなかったのですが、最近ではカードの画像も撮影して送信するように求められてきています。
スマホでご自分の顔を撮影した認証も出てきているので悪用対策が何重にもなっています。

まとめ

金券をクレジットカードで購入するとカード会社では悪用してると見なされてしまうことがあります。
利用停止を防ぐには他の商品を探すと解決します。
業者も悪用を恐れているので本人確認が求められたりカードの画像を提示するように言われるようになってきました。
個人情報を業者に教えるのは不安ですが長年営業してる会社で手続きすれば大丈夫です。
ここではクレジットカード現金化 悪用をテーマに取り上げてきました。
参考になれば幸いです。