クレジットカード現金化が危ないと言われる理由とは?

クレジットカード現金化は、グレーな行為とは言われていますが、法律的には違法な行為ではありません。
クレジットカード現金化が危ないとはよく言われますが、どのような理由からなのでしょうか。

クレジットカード会社の違反行為である

クレジットカード現金化は、法律的には違法な行為ではありません。
カードで購入した商品が換金を目的としているかそうでないかが、他者からはわからないためです。
必要なものを購入したそれを売って現金にしたことと変わりがないため、グレーな行為ともいわれています。
しかしながらカード会社は、換金目的の商品の購入を利用規約の中で禁止しています。
カード会社にバレるようなことになるとカードの利用休止、停止、退会などの処分が下ることになります。
自分のクレジットカードが使えなくなるため、危ない行為です。

クレジットカード現金化の業者が悪徳業者だった

クレジットカード現金化は、自分でする方法と業者を通してする方法があります。
業者を通してすると、業者が悪徳業者だったということがあります。
商品を購入したあと逃げられてしまった、換金率が異常に低い、金融会社に個人情報が流され勧誘の電話がかかってくるなどさまざまです。
無店舗型の業者も多いため、一度連絡が取れなくなるとお店に直接行くことができなく、そのまま音信不通になることもあります。
クレジットカード現金化の業者は増えてきており、実績があり老舗のところや、口コミが豊富で経験者が多いなど、自分で優良業者か情報を集め見極める必要があります。
お金に困っていることに付け込まれて、迷惑行為に合うのも危ない行為です。

簡単に現金を手に入れられることによる本人のお金の管理への不備

クレジットカード現金化は、他社への借り入れ状況とは関係なく、クレジットカードのショッピング枠があれば換金できることになります。
返済先がカード会社になるため、借り入れ状況とは関係ないためです。
引き落としがされる日に残金があって無事に処理が済めは、返済は完了します。
決まった収入がない人でも簡単に現金を手に入れられることから、簡単に現金化の手続きをしてしまう人がいます。
確かに現金は手に入れやすいですが、100%で換金されるわけなく、実際の換金率は70から80%くらいになります。
その分損をすることになり、返済先はカード会社になろうとも必ず返済する必要があります。
その手軽さから現金化し続けて、支払いが積み重なり危ない思いをすることもあります。

まとめ

クレジットカード現金化はグレーな行為ですが違法な行為ではありません。
ただクレジットカード会社は、換金目的の商品の購入を禁止しているため、それがわかってしまえばカードの利用停止などが求められて、危ない思いをすることがあります。
またクレジットカード現金化は自分ですることもできますが、業者を通して行えば業者が悪徳業者だったということもあります。
最悪の場合業者と連絡がつかなくなることもあり得ます。
そして現金化の手軽さから簡単に現金化をし続けて、赤字が膨らんで危ない状況になることもあります。
カードのショッピング枠に残金があり、通常の買い物のように購入から返済まで終えられるのは良いことですが、利用方法には注意したほうが良いです。