クレジットカード現金化で用いられる個人情報について

クレジットカードのショッピング枠を使って、カードを現金に換えることができます。
自分で現金化する際には必要ありませんが、業者を利用する場合には利用者本人の個人情報を業者に渡さなければなりません。
そんなもの、ポンと渡せばよいじゃないかと思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。
今回、クレジットカード現金化と個人情報の関係について解説していきます。

そもそもなぜ個人情報が必要なの?

まずはクレジットカード現金化に個人情報が必要な理由を見ていきましょう。
ズバリ、その理由はなりすましによる犯罪を防ぐためです。
本人でないにもかかわらず本人だとなりすまして罪を犯そうとする人は少なくありません。
業者側はクレジットカードを提出してもらっても、本当に本人なのか確認する術がないのです。
そこで求められているのが本人確認です。
氏名や住所などはもちろんのこと、最近では顔写真も必須というところが多くなってきました。
事実、クレジットカード現金化業者ではこの本人確認はほぼ確実に行われていますが、行わないところは悪質な業者である危険性が高いとさえいう人もいます。
そこで問題になるのが、個人情報を渡して悪用されないかどうか、です。

個人情報が流出した場合

実際、個人情報が流出した事件が起きています。
では、仮に情報が漏れた時にどのようなことが起きるのでしょうか。
まずは不正利用の被害です。
クレジットカード番号が流出してしまっているため、間違いなく悪用されてしまいます。
身に覚えのない請求が届くこともあり、盗まれた側はそういった請求でカード番号が漏洩していることに気が付きます。
カード番号や暗証番号などを知られれば基本的には誰でもカードで買い物ができてしまうので、できるだけ早く利用をストップさせなければなりません。
また、すぐにストップさせられるのかというとそうではなく、場合によっては手間と時間がかかることもあるため非常に注意しなければならないわけです。
ダイレクトメールが多数届くのも情報流出による被害の1つです。
本人確認では利用者の氏名や住所も渡すことになりますが、仮にそれらが漏れると自宅にダイレクトメールが届くことになります。
これは無視すれば問題ないかもしれませんが、あまりに多くのメールが届いたため引越しを検討したり精神的に不安定になったという人も多くいます。
本当にお金に困ってしまい、高金利の闇金からのダイレクトメールの存在に気が付き、泣く泣く利用して後悔した人も決して少なくないのです。
こういった被害に遭わないためにも、できる限り情報管理を徹底している業者を選ぶ必要があるのです。

おわりに

ここでは、個人情報が流出した際に身近で起きる被害について説明してきました。
ここで紹介した以外にも、考えられる被害は多くあります。
では、このような事態を避けるためにはどうしたら良いのでしょうか。
実は、業者によっては弁護士が控えていたり弁護士が監修しているところがありますのでそのような業者を探して利用すると良いです。
仮にトラブルが起きても、弁護士が間に入ってくれますので即時解決が期待できますし被害を最小限に抑えることにもつながるからです。